高校の授業に学校別完全準拠で評定対策。中学の授業も学校別完全準拠。大学受験は総合型・推薦・一般選抜など、ひとり一人に合わせたオリジナルのカリキュラム。中学受験も公立中等教育学校他個別で対応する、地域密着15年の個別学習塾・予備校。

早稲田アルパス|東海大学前駅の中学・高校・大学受験・学校テスト対策個別指導学習塾・予備校

 0463-77-1977

受付時間 [平日] 16:00~22:00
神奈川県秦野市南矢名1-4-8
東海大学前駅徒歩3分

教室ブログ 講習・漢検などイベント日程

【総合型選抜】受験費用はお得!?

投稿日:

【総合型選抜】受験費用はお得!?

 

受験、予備校という話になると、費用を気にされる方も多いでしょう。

総合型選抜と一般選抜で、かかる費用を考えてみましょう。

 

高3の4月から当校に所属して大学受験する場合、一般的な国公立大学の5教科(7~8科目)受験を想定すると、一般選抜のほうが費用は高いです。

私立大学3科目受験でも、トータルの授業料は、総合型選抜より費用はかかります。

インターネットなどで費用を検索すると、どこの予備校でも、当校と同じだと思います。

 

この予備校費用の差は、授業の科目数以外にも要因があります。

それは、『受験期間』です。

総合型選抜は、11月~12月に合格が出るので、それ以降の予備校代がかかりません。

それに対し一般選抜では、2月まで費用がかかります。

猛者だと、7月の部活動引退後から、総合型選抜にチャレンジし、11月に合格するというパターンを見ています。

この場合だと費用は4か月分くらいしかかかっていません(上位校受験であれば短期決戦はお勧めしませんが)。

 

また、もう1つ費用に差が出るのが、受験料です。

総合型選抜は専願が多いため、受験料は1校だけで、35,000円くらいで済みます。

入試のために大学に行く交通費も、面接などの1回の場合が多いです。

対して一般選抜は、共通テストから始まり、併願校も含め複数を受験することになります。

大学近辺に宿泊して入試に向かう人も結構いますが、宿泊費と交通費も合わせると、一般選抜でのコストは大きくなります。

これらも含めると、総合型選抜のほうが、費用は大幅に抑えられるということになります。

かといって安易に総合型選抜で一本勝負!というのは危険です。

きちんと総合型選抜について学んでから、挑戦しましょう。

 

尚、詳しい金額の比較は、当校講義内で行っております。

今から総合型選抜で逆転合格したい方は、集団講義にご参加下さい。

既に終了した講義は、録画を視聴できます。

 

 

講義案内

 

2022年 総合型選抜対策講義

第2回 5月21日(土)19:00~ Zoom開催

 

ご希望の方は、早稲田アルパス公式LINEから、または下記公式ホームページからお申し込み下さい。

 

友だち追加

 

総合型選抜・公募制学校推薦型選抜 対策講座

総合型職人 鯛功

 

【総合型選抜】資格は有利になる!?

  「英検とか漢検とか、持っていないと不利ですか。」 よく聞かれる質問にお答えします。   「出願条件に明記されている場合、持って ...

続きを見る

 

-教室ブログ, 講習・漢検などイベント日程
-,

Copyright© 早稲田アルパス|東海大学前駅の中学・高校・大学受験・学校テスト対策個別指導学習塾・予備校 , 2022 All Rights Reserved.