高校の授業に学校別完全準拠で評定対策。中学の授業も学校別完全準拠。大学受験は総合型・推薦・一般選抜など、ひとり一人に合わせたオリジナルのカリキュラム。中学受験も公立中等教育学校他個別で対応する、地域密着15年の個別学習塾・予備校。

早稲田アルパス|東海大学前駅の中学・高校・大学受験・学校テスト対策個別指導学習塾・予備校

 0463-77-1977

受付時間 [平日] 16:00~22:00
神奈川県秦野市南矢名1-4-8
東海大学前駅徒歩3分

合格者の声 教室ブログ

国立大学 逆転合格①

投稿日:

 

本ブログは、2回に分けてお送りします。

 

埼玉大学に合格した塾生の保護者さんが、差し入れを持ってきてくれました。

 

せっかくなので、合格した生徒の中学生の頃から今回までの道のりを、2人で振り返ってみました。

もちろん、感染防止対策をしながらです。

以下、成績が出てきますが、本人及び保護者さんの了承済みです。

 

 

入塾から高校入試まで

 

生徒S君は中1の夏頃に入塾しました。当時の内申は大体3、体育だけは素晴らしくできる子でした。

物静かな生徒でしたが、宿題などには、ほぼきちんと取り組んでくれました(と思う)。

 

2学年上のお兄さんが秦野高校に入学すると、本人も秦野高校を目指すようになりました。

一気に大きく学力が伸びたわけではありませんが、階段を昇るように、一歩一歩力をつけていき、中学3年の12月頃には、「もしかしたら」という所まで伸びてきました。

 

しかし、直前の全県模試ではD判定で、当時を振り返ったお父さんは、「併願の私立に行くことは覚悟していた」そうです。

このあたりの話は、15周年記念動画でお父様の口から直接聞くことができます。

 

それでも2年半続けた努力は実を結び、秦野高校に合格することができました。

奇跡に近い合格だ」とお父さんが教室に来てくれて、教室外の駐輪場で、お父さんと私でハグをし、2人して涙したことを鮮明に覚えています。

今思えば、中年の男2人が泣きながら抱き合っている光景。

通行人はどう思ったでしょうね(笑)。

まあ、良い思い出です。

 

S君の姿から私が一番主張したいことは、「やるべきことをやるかやらないか」ということです。

決して「真面目であれ!」とは言いません。

きちんとなすべきことをしていれば、結果が付いてくることの良い例ではないでしょうか。

 

高校時代から大学合格までは、次回掲載します。

 

15周年記念の対談動画は、当校のYouTubeチャンネルにアップします。

チャンネル登録と高評価よろしく!

-合格者の声, 教室ブログ

Copyright© 早稲田アルパス|東海大学前駅の中学・高校・大学受験・学校テスト対策個別指導学習塾・予備校 , 2022 All Rights Reserved.