秦野市の個別指導 (小学生 中学生 高校生) 地域一番塾 AO対策 小田急線 東海大学前駅 徒歩3分 鶴巻温泉駅 鶴巻中

早稲田アルパス|東海大学前駅の高校受験・定期テスト対策・大学受験・中学受験対応 個別指導学習塾

 0463-77-1977

受付時間 [平日] 16:00~22:00
神奈川県秦野市南矢名1-4-8
東海大学前駅徒歩3分

新中1生 スタートアップ講座 受講生募集開始!!

 

小6生の「今」が一番大切な時です

 

うちの子、小学生の時は出来ていたのに…

中学生になったらうちの子大丈夫かな?ちゃんとついて行けるかな?と心配されている保護者さんは沢山いらっしゃることと思います。

「そうはいっても、今のところ学校のテストで〇〇点〇〇点取ってるし、大丈夫かな。」

「まずは中学校に入ってやってみて、つまずいてきたら塾を検討しようかな・・・。」

 実は、このように考えている人は非常に多いです。

しかし、中1の夏以降にお問い合わせをいただき、「やっぱり早く塾に入れてあげれば良かった」と話してくれる保護者さんが多いのも事実です。

では、なぜ小学生の時は勉強が出来ていたのに、中学生になったらついていけなくなるのか。その理由は大きく分けて2つあります。

 

 

 

1つめ:【インプット・アウトプットの間隔】

まず、小学校のテストは、習った単元ごとに確認のテストを行うので、お子様が短期的な学習に長けていた可能性があります。

小学生は多い時で1週間に数回テストがありますが、中学生になると少なくて年に4回、多い学校は年5回しか定期テストがありません。

しかし中学生になったばかりの子どもは、『小学生の感覚』でテストを受けてしまいます。

つまり、最近習ったところはスラスラ解けたのに、1ヶ月前の問題は忘れちゃった。という現実を目の当たりにするのです。

定期テストで結果を出すには、およそ2ヶ月分の学習内容をしっかり理解し、スラスラ解ける状態に持っていくことが大切です。

そして最初の5月の中間テスト(6月の期末)で2ヶ月分の内容をカバーする学習感覚をつかむことが中学3年間の学校生活を有意義にする第一歩です。

 

 

2つめ:【積上げ教科のワナ】

もう一つよくあることが、小学生の算数で実は未定着の部分があった可能性があります。 中1生の「最初の壁」と言われるのが、2学期中間テストです。そこで初めて

「あれ? うちの子、数学が危なくなってきた?」

と保護者さんが気付き始めます。

 

なぜ2学期から出来なくなってしまったのか…。

それは、暗記に頼った学習をしていた!

そして、1学期のテストでは暗記学習でカバー出来てしまっていた!

ということなのです。さらに大変なことが待ち受けています。一生懸命取り返そうと思って勉強を始めても、

学校の授業が進むからなかなか復習できない!! という現実です。

 

数学は小学校算数からの積上げになります。ですから、出来なくなった時点でどこまでも戻らないといけなくなります。だからこそ、小学生のうちに、小学生の内容をきちんと押さえることが「今」やらなければならないことです。

英語も、小学校ではきちんとした文法よりも「英語に慣れる」「楽しく英語に親しむ」ことが多いため、中学校から始まる「英語」という学問においては、1学期の「単語や挨拶の暗記」程度のテスト以降は、小学校のつもりでは定着していきません。

この英語も積上げ教科なので、中1の時点で躓くと、以降、難しくなる文法を「習った時だけ理解」したとしても、長文は読めません。

なぜなら、英語は「中1から習った単語と文法が、それ以降の全ての文章に出てくるから」です。

 

これらで苦しむ生徒や保護者さんたちを数多く見ている当校としては、小学校のうちに中学の予習をし、「中学生としての勉強の進め方」を覚えてもらった上で、特に英語と数学にはきちんと正面から向き合って頂きたく、そのためのサポートコースを用意しています。

もちろん、既に中2生・中3生となってお困りの方も「一人ひとりに合わせた個別指導」をしているので、「当校でなら、過去の単元も取り返せます!」

皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

『新中1生 スタートアップ講座』

早稲田アルパス 東海大学駅前校
TEL 0463-77-1977

 

Copyright© 早稲田アルパス|東海大学前駅の高校受験・定期テスト対策・大学受験・中学受験対応 個別指導学習塾 , 2019 All Rights Reserved.